【住み心地】積水ハウスで過ごす冬の寒さレポート!断熱効果は?


自己紹介はこちら💁‍♀️


 

この昼下がりの時間(ただいま13:00)、

真冬の今の時期でも

リビングに差し込む太陽の光が暖かくて

うとうとしてしまいそうになります。

 

陽が入る窓

 

あまりにも気持ち良くて、

「お迎えまで10分だけ・・・」とついつい本当に寝てしまい、

目覚めたらお迎え時間を過ぎてた😱

なんてことも実はあります。笑

 

そんな(?)、積水ハウス シャーウッド  で過ごす初めての冬。

 

饅頭
饅頭
「積水ハウスは寒い」
ってよく見かけるけど、
実際に住んでみてどうだったか?
を正直に話します!

 

 

  • 断熱効果はどうなんだろう?寒いのか?
  • 実際の室温は何度位になるのか?
  • 使っている寝具や服装は?
  • 寒さに関する間取りの後悔ポイントは?

といった点をまとめてみます。

 

住んでいる地域は・・・
豪雪地帯でもなく南の暖かい気候でもなく、
雪は年に数回積もる程度、という地域です。
ただし、盆地なので底冷えします。

 

 

 

 

結論から言います。

エアコンを使わなければ寒い

当たり前の話をしてすみません。(^_^;)

 

冬になると、

やはり寒いです。

 

先日

一条工務店で数年前に建てた家に泊まらせてもらったら、

その暖かさに驚きました!

 

少し大笑いすると汗ばんできて、

子どもたちは寝る時にタンクトップで寝ていたほど(笑)

 

全館床暖を謳う一条クオリティはさすがでした。

 

それと比べてしまってはアレですが、

床暖なし・暖房のみの我が家では

あのポカポカさは感じられません。

 

高気密・高断熱を謳っている方がいいのか?

断熱のイラスト

じゃあ、積水で建てて後悔しているかといったら

それはありません

 

今の家で快適に過ごす方法はちゃんとあります☆

 

寒がりな母も

「こんなに暖かく冬が過ごせるなんて!」

と感激しています。

(前の家が、隙間風ピューピューの

それはそれは寒い家だったもので余計に)

 

では、

どんな風に冬を過ごしているのか、

室温や暖房の効き具合などを以下に記録します。

 

実際の寒さは?冬の室温記録

勾配天井を採用したリビング

勾配天井(もしくは吹き抜け)を採用するかどうか悩むポイントとして

エアコンの効き具合が気になりますよね。

 

私たちもそこはとても気にしていました。

 

結論から書きますと、

エアコンの効きは悪くない!

です。

 

「良い」と書かなかったのは、

通常の天井になっている1階のリビングよりは

0.5~1度程度エアコンの設定温度を上げないと

少し肌寒く感じるからです。

(あくまで私たち家族の体感です)

 

エアコンを運転する時間帯

大体以下のような使い方をしている日が多いです。

6:00 エアコンの設定をして毎朝6:00に運転開始
9:00 日が昇ってリビングに光が入るようになったら切る
—-日中はつけない—-
17:00 日が陰り肌寒く感じたら暖房をつける
19:30 寝室へ移動する前に暖房を切る

 

晴れた日は、

朝の暖房の暖かさが残っている&日差しがたっぷり入ってきて

基本的に何もつけていなくても暖かいです。

 

くもりや雨・雪の日は、

暖房を切ってしまうと肌寒く感じることがあり、

お昼すぎにもう一度1・2時間程度つけることもあります。

 

ただし、

暖房の暖かさが残ってくれているので、

日中何時間もつけっぱなしということはほとんどありません。

 

夜も、主人が帰ってくる前に消していることが多いですが、

同じく暖かさが残っているのでつけていなくても十分。

 

「今日は一段と冷えてるから暖かくしておいてあげたいな~」

という日はつけることもあります。

 

雪が降る程の日もつけます。

 

こういう使い方をしていて、

電気代はどれくらいかかっているのか

まとめてみました👇

 

朝、暖房がつく前のリビングの室温は

先述した流れの通り、前日の夜に暖房を消して

朝リビングにやってきたときの室温は、

だいだい15度前後のことが多いです。

(6:00の予約運転開始前の室温)

 

これってどうなのかな?寒いのかな?(笑)

 

朝の外気温は、マイナス1度前後のことが多いので

その気温差を考えると、悪くないのでしょうか。

 

体感的には

「わ~暖かいとは思わないけど、ひょ~寒いっとまではいかない」

と感じます。

伝わるでしょうか (^0^;)

 

冬用のパジャマで過ごすのがちょうど良いです。

 

一度暖めると簡単には熱が逃げない家だなぁと

感じています。

1階北側の空き部屋の室温

将来夫婦の寝室になる予定の、

現在空き部屋となっている場所があります。

 

エアコンはまだつけておらず、

北側でもあるので、ドアを開けると「寒い~」と感じます。

 

空き部屋

 

実験的に、IKEAの温度計を置いて

しばらくの間様子を見ていますが、

今日は12度でした。

空き部屋の室温

 

普段はだいたい9度くらいのことが多いです。

 

日中の外気温は平均して10度前後の日が多く、

朝晩はマイナス1度前後の日が多いこの地域で

この数値はいかがなものでしょうか。

 

素人の私では判断できかねますが、

実際の数値として記しておきます。

 

間取りの良かったところ&後悔しているところ

採用して良かった間取り

寒い冬を過ごすにあたり、

採用して良かった!!!

と心から思うのは、

南側に大きくとった窓です。

 

ここから入る日差しが本当に暖かくて、

冒頭でも書いたようについウトウトしてしまうほど。

 

この暖かさは冬にはすごくありがたく、

なかったらもっと寒さを感じていたと思います。

 

立地や間取りの条件的に難しい場合もあるかもしれませんが、

太陽の暖かさをうまく取り入れられる間取りにすると

いいと感じました。

 

もう1つ、家を暖めるのに役立っているのは

シースルー階段です。

シースルー階段

 

シースルー階段を利用して

各リビングのドアを開けておいて

エアコンの暖気が家全体に回るようにしています。

 

トイレやWICも同じく、

日中に換気を兼ねてドアを開けておいて

暖気が回るようにしています。

 

逆に、ドアを閉め切っていると

廊下や階段部分、WICやトイレなどは冷えて感じます。

 

リビングのドアを開けると最初は寒く感じますが、

すぐに全体が暖まり温度差を感じなくなるので

冷え性・寒がりの私や母でも大丈夫。

 

後悔している間取り

それは北側に位置する1階お風呂の脱衣所。。。

 

お風呂から出たときに「ひょ~~さむ~~い」となるので、

脱衣所ではパネルヒーターを使っています

 

ヒートショックも心配なので

ここはもう少し暖かくする工夫ができたんじゃないかなと

後悔しているポイントです。

 

ヒーターでも間に合ってはいるんですけどね。

 

 

家にいる時の格好や寝具

服装は?

家にいるとき、

基本的にはその季節に応じた服を着ています。

 

今ならもこもこのパジャマ。

裸足ではちょっと寒いのでもこもこ靴下も必需品。

 

寝具は?

シーツは冬用の起毛タイプ。

掛け布団は薄い毛布の上に羽毛布団の2枚使いです。

 

寝室として使っている子ども部屋では、

暖房は使っていません。

 

日中に各部屋のドアを開けておく作戦をすれば

それで十分です。

 

手足が布団から出てしまうとさすがに少し寒いですが、

今のところ子どもたちも布団からはみ出すことなく寝ているので

このまま暖房を稼働させずに冬を越せそうな気がします。

 

積水ハウスシャーウッドの寒さ*まとめ

まとめると・・・・

  • 暖房をつけなければ寒い(当たり前)
  • 暖房の暖かさが逃げにくい
  • 日中は暖房なしで過ごせる日が多い
  • 北側は特に冷えるので、対策が必要

実際に冬の時期を過ごしてみた感想は以上です!

 

断熱材も劣化すると言いますし、

今後何年も住んでいくとどうなっていくかは分かりませんが、

今のところ冬でもとても快適に過ごすことができています。^^

 

以上、冬の住み心地レポートでした!

また何か感じることがあったら記事にしたいと思います。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました