運命のハウスメーカーを見つけるには⁈


自己紹介はこちら💁‍♀️


 

 

こんばんは、妻です。

(「妻」と書くのも何だか違和感があるので、
何か良い呼び名がないか考えてみます。)

 

さて。
さっそく家づくりの日記を更新します(^_^)

 

あらゆる種類のメーカーを比較検討し、打ち合わせを重ねていく日々の中、次男が入院してしまった

というのが前回までの話でした。

 

今回は、その辺りの期間のお話を私目線で記録したいと思います。

 

運命の一社を探して

これから家作りを始める方の中には

運命の一社を探している方もいらっしゃると思いますが、

以下の私の話を少しでも反面教師にして頂けたら幸いです。。。


 

次男の入院期間中は、辛そうにしている次男に付き添いながら本当に本当に本当に反省しました。

 

家づくりの打ち合わせは、赤ちゃんにとってはもちろん楽しいものではないですよね。ずっと抱っこされ、お昼寝も抱っこかチャイルドシート。
これでは体が休まるはずがありません。

少し遠い展示場まで車で1時間以上かけて通っていた期間もありました。
1日に2件打ち合わせを入れていた日もありました。

しかも季節は初夏。。

 

大人でも疲れるスケジュールで、次男に負担がかかりすぎていました。

 

長男の入学に合わせて始めた家づくりだったので、タイムリミットを意識するあまりどこかで焦りがあったのは確かです。

 

しかも悩みやすい私は、
「絶対にここで、この人たちと家を建てたい!」
と思える運命の一社を探していました。

重要視するポイント

どこで建てるかを決めるときに重要視するポイントはいくつもあり、何に重きをおくかは家族の考え方によって違います。

 

私の場合は ”人”でした。

 

担当して下さる営業さんや設計士さん、現場監督さんや大工さん達、、、家というのは沢山の人が関わってくださってこそ作ることができるものだと思っているので、

結婚相手ではないですが「ビビビッ」と来る何かを感じられるまで、メーカー探しを続けるつもりでした。

 

世の中にゴマンとあるハウスメーカー(工務店など)の中から、そんな結婚相手を探し出すには「とにかく自分の目で見て、感じて、話してみるしかない!」と思って突き進んでいました。

 

主人「今打ち合わせをしている数社の中で決めよう?」

私「え??ビビビッと来るところあった?」

主人「ビビビッと来ているわけじゃないけど、この数社の中でなら、どこも思い通りの家を作ってくれそうな気がするよ」

私「そんな中途半端な思いで、一生に一度の家を決めちゃってもいいの?!」

(ここから言い合いが始まる)

主人「数え切れない位資料に目を通したし、その中から気になった所は実際に行ってみたし、これ以上どうするの?また新たに資料請求を何十社もする?そんな考え方じゃいつまで経っても決まらないよ?腹をくくらなきゃ。」

私「そんなこと言われても。私は腹をくくるとかそんな妥協で決めるようなことはしたくない!絶対ここで建てたいって思えるような所じゃないと嫌!」

主人「じゃあもう勝手にして。そっちが行きたいと思う所があるなら一緒に行くから」

私「何それ!家族の住む家なのに、そんな人任せにして!!!!怒」

主人「人任せってわけではないでしょ?一緒に行くとは言ってるじゃない」

私「・・・・・(かなり不機嫌)」

 

・・・こうして書いてみるとなんてガンコなんでしょう、私。σ^_^;

 

でもその時は必死だったんです。

 

だから、その後も打ち合わせや見学を重ねていったのですが、結果的にそれが次男に負担をかけることに繋がってしまっていました。

 

インスタグラムやブログで
「運命のメーカーさん(または営業さん)と巡り会いました☆」
なーんて書いている方を見て、どんどん憧れが膨れていって、「やっぱりそうだよね⁈みんな運命の一社を見つけたいよね⁈」と1人心の中で盛り上がっていました。

 

確かに、すんなりそんな相手と出会うことができればもちろん良いですし、時間に余裕を持って家づくりをスタートしていれば焦る必要もありませんよね。

 

最近よく思いますが、「理想の家を作る」という目標に向かって頑張っていると、「その家で住む家族の幸せ」を見失ってしまう瞬間があります。

 

ハウスメーカー選び中の私がまさにそうでした。

大切なのは

 

思い描く新居での生活ももちろん大切ですが、今の家での生活もとても大切ですし、家族が健康に楽しく仲良く過ごすということが本来の幸せのはず。

 

それを忘れてしまっては本末顛倒ですよね。

とてもとても反省しました。

 

次男の退院が決まって、退院前日のこと。
主人と沢山話しました。

 

主人も「ちょっと走りすぎちゃったね。一呼吸おいて、無理なく進められるように考え直そう。」と言ってくれました。

 

次男には本当に申し訳ないことをしたのでこんなことを言ったら語弊がありますが、
この入院があってからはそれまでよりもスローペースで無理なくスケジュールを組むようになり、夫婦で言い合いになってしまうことも少なくなりました。

 

今回はここまで。

 

次回は、今のハウスメーカー(ブログタイトルの通り積水ハウス)と契約に至るまでの経緯を書こうかな。

 

次男が退院してから半月後には契約という、急展開を迎えることになります。

子ども達は寝ているので、家づくりの先輩たち(勝手にそう呼んでいる。笑)のインスタグラムでもじっくり見てみよう。

タイトルとURLをコピーしました