ベルバーンを決めてきました


自己紹介はこちら💁‍♀️


 

 

ベルバーン決定!

変な時間にこんばんは。妻です。

明日は大事な予定があるというのに、次男が少し風邪気味・・・・。

子どもあるあるな状況ですが、次男の場合前回のこと(入院)があるので心配で…>_<…

寝ている間に急に熱が上がったら怖いので、様子を見ながら隣で日記を書いている次第です。

心配性というか過保護というかσ(^_^;)

このままひどくなりませんように。

SHICプラザにて

本題に入ります。

先日の打ち合わせは、いつもの場所(普段は最寄りの展示場)ではなく、SHICプラザにて行われました。

積水ハウスで建てる方は皆さん一度は行くのでしょうか?

外壁やキッチン・玄関ドアなどの実物や見本が揃っているので、打ち合わせしながらすぐに現物が見られて決断がしやすいですね。

今回は両親世帯の要望聞き取りと、屋根や外壁など外の部分を決めてきました。

少し余談ですが、玄関ドアを決める時に「せーの」で気に入ったドアを指差ししてみたら、見事に両親ペアと私たち夫婦ペアで意見が分かれたのが面白かったです(笑)

設計士さんも「それぞれ、その世代に人気のドアです(笑)」と言っていました。

私たちが選んだものは確かに最近よく見かけるドア。時代の流行りというか傾向もあるのかな?できれば、何十年経っても素敵だなと思えるものを選択していけたらいいなと思っています。そのためには両親や設計士さんのアドバイスもよく聞いたり、街中で観察してみたり。様々な角度から考えて決めていきたいです。

 

そして私の大好きな大好きなベルバーン(≧∇≦)

見本を見るだけでテンションが上がります。触り心地がなんとも言えません。

いざ決めるとなると迷うかなと思っていましたが、SHICプラザに行く前に、1ヶ月程かけてベルバーンの研究をしていたのでそこまで迷いませんでした。

研究といっても大したことではありません。担当さんに教えて頂いた積水ハウスの建物をドライブがてら通ってみて、ベルバーンの種類や色味を客観的に見てみた、という簡単なことです。

でもこれがすごく良くて、やはりカタログで見るのと太陽の光の下で見るのとでは、質感や色味が全く違って見えました。

また、同じベルバーンでも窓や装飾が少し違うだけで、雰囲気も全然違いました。

例えば、白いベルバーンにアイアンの可愛らしい飾りを付けるだけで、一気に洋風に仕上がります。

 

反対に、白いベルバーンを基調として、ポイントで黒いベルバーンが入っているシンプルなお家は、カッコ良い仕上がり。

如何様にも変えられるので、難しいです。

でも何件も回って、家でも「あーでもないこーでもない」と沢山話し合っているうちに、自分たちの好みが分かってきました。

今回のSHICプラザで決めたものは、次の打ち合わせの際に3Dにして見せてもらえるそうなので、そこでまたイメージを膨らませて、最終決定したいと思います。

我が家のベルバーンは・・・・

上述の通りまだ最終決定したわけではありませんが、

私たちが選んだベルバーンは

スレンドボーダー の スムースホワイト

です!

焼き物の良さが存分に感じられる所に惹かれました。

他にもシャッターのカバー?部分の色味や窓枠なども決めたので、3Dで全体的なまとまりを見てみます。

それで次回まったく違うベルバーンに変更した、なーんてこともあり得るかも?!(笑)

外壁だけに言えることではありませんが、今決めている家の仕様は、この先何十年と続くもの。

だから、1つ1つの選択が難しいし、「これって本当に良いのかな?」と悩んでしまうこともあります。

玄関ドアの部分でも言いましたが、時代の流れにあまり左右されすぎないように、

自分たちの目で見て、触って、感じて、

丁寧に判断していけば、きっとこの先ずっと気に入る家が出来上がるのではないかと思います。

そう信じて、決めていきます。

そうしないと優柔不断な私はいつまでも悩んでしまうので(笑)

タイトルとURLをコピーしました